高校での心肺蘇生事象の振り返り

2020.09.23 安齋勝人

埼玉県内の高校で発生した学生の心肺停止事案について学校関係者、消防関係者、当科スタッフで振り返りを実施しました。

今年2件目です。

この事案はドクターヘリも出場しており、管轄消防との連携もスムーズにいき、該当患者様も前回と同じく後遺症無く救命できたケースです。
参加者は学校関係者約50名、管轄消防約15名、ERスタッフ2名です。

・当院から一般論として、学校における心肺停止の現況と発生時の病態を説明。
・管轄消防から当日の119番通報からドクターヘリ引き継ぎまでの活動報告。
・最後に全体での質疑応答

で約50分実施しました。
開催は三密を避けるため学校、消防、病院をZOOMで連携して施行しています。

安斎さん

発生した事象に対する対応の時系列での検証ができ、更なる3者間連携の強化にも繋がる有意義な時間となりました。

「学校での突然死ゼロ」を目指して、
学校、消防、医療との無駄のないスムーズな連携のために、
今後もこのような開催を増やしていきたいと考えております。